FC2ブログ

トレードナビゲーター

マーケットの魔術師たちに追いつき追い越せ
トレードナビゲーター TOP  >  工業品銘柄
インフォメーション

テクニカル分析WEBセミナー 短期売買編
0715.jpg   

お問い合わせは 0120-433-667 安村まで 

取引終了 金・白金・原油

7月16日 取引を終えて


190716.jpg


東京金 買い方針 4541円スタート
海外高を受けて小高く始まったあと、ドル建て現物相場の上げ一服に上値を抑えられた。10時を回って時間外取引も出直ったことでジワリジワリ切返して、14時を回った朝方の高値を上回るまで回復した。高保合いの中、あるチャートパターン形成中で、一般的には反転パターンだが・・・今回はどうなるのか注目です!?
yg0716.jpg





東京白金 買い方針 2859円スタート
海外高を受けて買い優勢で始まったあと、ドル建て現物相場の上げ一服に上値を抑えられた。10時を回って時間外取引も出直ったことで押し目を買われて日中取引始値2927円を回復。均衡表の雲の中に入り込んだが、跳ね返されるのか?このまま入り込んだままなのか?に注目です。
ypt0716.jpg



東京原油 買い方針 42470円スタート
世界的な景気減速に伴う石油需要の下振れ懸念が重しとなり下落。チャート面では、先週末には均衡表の雲の領域に入り込んだが、はじき返された格好で、続落するようなら先週高値が戻りの急所の可能性が出てきますが・・・さて!?
ycr0716.jpg





今日のお昼の放送です





更に詳しい情報はこちらへ     ↓
 売買方法に特化した情報サイト CXマーケットEye

◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。




取引終了 金・白金・原油「

7月12日 取引を終えて  時間がないので方針のみ



東京金 買い方針 4541円スタート




東京白金 買い方針 2859円スタート



東京原油 中立から買い方針へ 42470円スタート



更に詳しい情報はこちらへ     ↓
 売買方法に特化した情報サイト CXマーケットEye

◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。




取引終了 金・白金・原油

7月11日 取引を終えて


190711.jpg


東京金 買い方針 4541円スタート
パウエルFRB議長の議会証言をキッカケに大幅上伸となり、大陽線と強い線。ただ今月高値2950円突破とはならず、先月の大幅上伸後の中段保合いからの二弾ロケット発射には至らず4950円突破に期待がかかります。
yg0711.jpg




東京白金 買い方針 2859円スタート
金同様上伸したものの、今月高値を狙うような勢いはなく、むしろ長期MA(52日)や一目均衡表の雲下限線に沿って高値を切り下げている構図で、下値は中期MA(26日)にサポートされている状況。いずれにせて先月から続くレンジ相場継続状態にあり、上限・下限まで引き付けての売買が無難との認識です。
ypt0711.jpg




東京原油 売り方針撤収中立へ
米エネルギー情報局(EIA)の週報をキッカケに上昇した海外市場を受け上伸して始まりましたが、夜間セッションの高値は攻略できずに、。昼以降、時間外取引が上げ一服となったことで上げ幅を削る展開となった。上影陽線と強いながらもうやや上値の重さがある足型で、一目均衡表の雲の下限線との攻防でひとまず中に入り込んだが、即押し出されるようなら戻りの急所の可能性も!?続伸するようなら文句なく強い相場と認定できるのだが・・・!?
ycr0711.jpg





今日のお昼の放送です







更に詳しい情報はこちらへ
     ↓
 売買方法に特化した情報サイト CXマーケットEye

◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。





取引終了 金・白金・原油

7月10日 取引を終えて


190710.jpg



東京金 買い方針 4541円スタート
海外高や円小幅安を受けて小幅高で始まったあと、時間外取引の軟調推移に上値を抑えら上げ幅を削る展開。ただマイナス圏入りは回避され前日比で小高く推移し取引終了。先月大幅上昇し、実際のファンダメンタルとの乖離が出来たことで発生するチャートパターンを形成する可能性あり。パターンについて詳しくは来週からのセミナーでご披露しております。セミナー詳細はこちらからhttps://bit.ly/2LLCaI2
yg0710.jpg




東京白金 買い方針 2859円スタート
日中取引は小高く始まったあと、時間外取引の軟調推移で早々にマイナス圏まで後退。その後持ち直したものの上値も限定的。残念ながらレンジ相場へ回帰した感じで、しばしもみ合い続きを想定。
ypt0710.jpg




東京原油 売り方針 39990円スタート
NY市場の引け後に米石油協会(API)が発表した米週間石油在庫統計で、原油在庫が大幅に減少し、時間外取引では好感されていることがや、円安も支援要因となり、夜間セッションの高値を上回るギャップを開けてのスタートとなった。その後は上げ一服でレンジ相場に終始した。
ycr0710.jpg







今日のお昼の放送です





更に詳しい情報はこちらへ     ↓
 売買方法に特化した情報サイト CXマーケットEye

◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。



取引終了 金・白金・原油


7月9日 取引を終えて


190709.jpg


東京金 買い方針 4541円スタート
海外安を受けて小幅安で始またあと、4860円中心に±5円程度のレンジ続きで取引終了。大幅上昇後の高保合いで少々このあたりでもみ合いが続く様相か!?
yg0709.jpg




東京白金 買い方針 2859円スタート
海外高と円安を受けて小高く始まったあと、時間外取引の下落でマイナスサイドに転落。10時30分を回って下げ一服となり前日終値近辺でのもみ合いで取引終了。先月のもみ合いレンジに回帰したことで動きづらい状態です。
ypt0709.jpg



東京原油 売り方針 39990円スタート
海外市況が動意薄だったことで、国内市場も狭いレンジの取引となった。日中スタート後は円安推移で強含んだものの、時間外取引が横ばい推移のため上値は限定的だった。今月高値42280円と今月安値39280円がキープライスとなり、どちらに抜き出るか注目です!
ycr0709.jpg 



更に詳しい情報はこちらへ     ↓
 売買方法に特化した情報サイト CXマーケットEye

◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。