FC2ブログ

トレードナビゲーター

マーケットの魔術師たちに追いつき追い越せ
インフォメーション

テクニカル分析WEBセミナー 短期売買編
0715.jpg   

お問い合わせは 0120-433-667 安村まで 

海外市況 ゴールド・プラチナ・オイル

おはようございます、海外市況ですが


kaigai19_0716.jpg 



NYゴールド
中国国家統計局が発表した今年第2四半期の国内総生産は、四半期ごとの数字を公表している1992年以降では最低となった。これを受けて中国の景気減速懸念が強まり金を買う動きが先行しましたが、ドルが対ユーロで堅調推移となり、金の割高感が生じたことに上値は抑えられた。




NYプラチナ
第2四半期の中国の国内総生産(GDP)が前年比6.2%増と27年ぶりの低い伸びとなり、中国経済の減速に対する懸念が広がったことや、金堅調や、米連邦準備理事会(FRB)の利下げ見通しが支援要因となり上伸。




NY原油
中国の国内総生産(GDP)が1992年以降で最も低い成長率となったほか、メキシコ湾岸の熱帯低気圧による影響が軽微にとどまったため、売りが優勢の展開。また、8月の米シェールオイル生産が増加するとの見方も圧迫要因となり水準を下げた。ただ、イラン情勢への懸念から下値では買い拾われた。



更に詳しい情報はこちらへ     ↓
 売買方法に特化した情報サイト CXマーケットEye

◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。




海外市況 ゴールド・プラチナ・オイル

おはようございます、海外市況ですが


kaigai190712.jpg 



NYゴールド
利益確定の売り物に上げ幅を削り、米労働省が朝方発表した6月の消費者物価指数(CPI)が前月比0.1%上昇。変動の大きいエネルギーと食料品を除いたコア指数も0.3%上昇と、ともに市場予想を上回った。さらに、週間失業保険申請件数も良好な内容となったため、過度の利下げ観測が後退。NY金はマイナスサイドに転落となった。




NYプラチナ
6月の米消費者物価指数(CPI)でコア指数が予想以上に上昇し、ドル高に振れたことを受けて上げ一服となった。時間外取引の安値を割り込み一段安へ。



NY原油
米国とイラン間での軍事的緊張の高まりに加え、イランによる英国の石油タンカー拿捕未遂をめぐる中東の地政学的リスクの警戒感が広がったほか、エクソンモービル、シェブロンなど米石油生産各社は10日、暴風雨に備え、メキシコ湾沖の原油生産を3分の1近く縮小したことから、供給懸念が浮上したことを背景に、一時は約1カ月半ぶりの高値を付ける続伸となた。ただ、その後は最近の買われ過ぎ感に対する売りや、石油輸出国機構(OPEC)が発表した2020年の原油需要では、19年比日量134万バレル減の2927万バレルと見積もったことを受け、需要の先行きに対する警戒感が広がり6営業日ぶりの反落へ。




更に詳しい情報はこちらへ     ↓
 売買方法に特化した情報サイト CXマーケットEye

◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。






海外市況 ゴールド・プラチナ・オイル

おはようございます、海外市況ですが


kaigai190711.jpg 




NYゴールド
パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長の議会証言草案で、貿易摩擦や世界経済減速による米国経済への影響に対処するため「必要に応じて行動する」と示されたことから、今月の米連邦公開市場委員会(FOMC)で利下げが実施されるとの観測が強まりドルが下落。割安感が強まり買いが先行する展開。



NYプラチナ
パウエルFRB議長の議会証言を受けたドル安に加え、NYダウ平均が史上最高値を更新したことで、工業用需要拡大への期待も浮上し上昇。



NY原油
本日発表された米エネルギー情報局(EIA)の週報で、原油在庫がAPI週報を上回る減少となったことから60ドルの節目を上抜いた。また、米国とイランの対立を受け、中東の地政学的リスクが高まっていることや、暴風雨への警戒から、大手石油企業がメキシコ湾岸沖合プラットフォームの作業を停止し、避難を始めたとの報も支援材料となった。



更に詳しい情報はこちらへ     ↓
 売買方法に特化した情報サイト CXマーケットEye

◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。









海外市況 ゴールド・プラチナ・オイル

おはようございます、海外市況ですが


kaigai190710.jpg 



NYゴールド
米連邦準備制度理事会(FRB)が利下げに踏み切るとの観測が後退するなか、アジア・欧州取引時間帯にドル相場が上昇し、一時1380ドル台後半まで水準を下げた。しかしその後は、ドル相場の上昇一服や欧米株の下落を受けて買い戻され、ニューヨーク取引時間帯は概ね1400ドル付近でもみ合う格好となった。海外チャート面も高保合いの状態でキッカケ待ちの情勢。



NYプラチナ
欧米株の下落を嫌気した売り物が先行。一時810ドルを割り込んだ。ただ、売り一巡後は持ち高調整の買いなどに下げ幅を縮小した。



NY原油
イランは、ウラン濃縮度が核合意で定められた上限の3.67%を上回ったと表明。国際原子力機関(IAEA)査察団も確認した。これを受けて、ペンス米副大統領は、と軍事行動も示唆。イスラエルのネタニヤフ首相も、イスラエル軍はイランが空爆可能な圏内にあると述べたことから、中東地域の地政学的リスクの高まりを背景に続伸。ただ、明日にFRBのパウエル議長の議会証言を控えていることで上げ幅は限定的だった。



更に詳しい情報はこちらへ     ↓
 売買方法に特化した情報サイト CXマーケットEye

◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。





海外市況 ゴールド・プラチナ・オイル

おはようございます、海外市況ですが


kaigai190709.jpg 



NYゴールド
イラン情勢の緊迫化を手掛かりに、一時上昇した。ただその後は、ユーロ・ドル相場でドルが強含みで推移したため、相対的な割高感から売られる格好。



NYプラチナ
ドル高を受けて戻りを売られ813.4ドルまで下落。その後は買い戻しなどが入って地合いを引き締め時間外取引の高値を突破し823.9ドルまで上昇。




NY原油
イランが本格的な核開発再開に踏み切るのではないかとの警戒感が強まる中、中東の地政学的リスクの高まりを背景に続伸。ただ、エネルギー需要の減退懸念も根強く上げ幅は限定的。



更に詳しい情報はこちらへ     ↓
 売買方法に特化した情報サイト CXマーケットEye

◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。