トレードナビゲーター

マーケットの魔術師たちに追いつき追い越せ
インフォメーション
4月のWEBセミナー!
期間内ならいつでも・何回でもご視聴いただけます!
semi.jpg


1805.jpg


お問い合わせは 0120-433-667 安村まで 

海外市況 ゴールド・プラチナ・オイル

おはようございます、海外市況ですが


kaigai0421.jpg 




NYゴールド
米国の利上げペース加速に対する警戒感から米長期金利が上昇していることで、ゴールドを売る動きが優勢となったほか、ドルが対ユーロで堅調に推移していることから割高感が広がり続落。



NYプラチナ
ドル高を受けて、金がジリ安となったことから930ドルを一時割り込んだ。株安を背景に戻りも限定的だった。



NY原油
トランプ米大統領は20日、ツイッターで「石油価格は人為的に極めて高い。受け入れることはできない」と書き込み、石油輸出国機構(OPEC)主導による意図的な協調減産措置を暗に批判したことから、一時は続落となっていたものの、石油輸出国機構(OPEC)加盟国と非加盟国による共同閣僚監視委員会(JMMC)が行われたものの、声明文には特に手がかりとなるような内容は見当たらず、小動きに終始した。



◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。





海外市況 ゴールド・プラチナ・オイル

おはようございます、海外市況ですが


kaigai180417.jpg 



NYゴールド
米英仏のシリア攻撃にもかかわらず、株高に振れたことで上値を抑えられた格好。ただ米国がロシアに対する追加制裁を検討していることが下支えとなった。



NYプラチナ
ドル安を受けて地合いを引き締め、時間外取引の高値を突破した。ただその後はドル安が一服したことや米株価急伸で金が上げ一服となったことで上値を抑えられた恰好。



NY原油
米英仏3カ国は前週末、シリアのアサド政権が化学兵器を使用したと断定し、化学兵器関連とされる施設3カ所を攻撃。ただ、攻撃対象が限定的だったため、アサド政権を支援するロシアを巻き込んだ軍事衝突は回避され、中東産の原油供給が滞るのではないかとの懸念が後退したことを受け、反落。




◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。




海外市況 ゴールド・プラチナ・オイル

おはようございます、海外市況ですが


kaigai180414.jpg 




NYゴールド
前日に大幅下落となった反動から安値拾いの買いが見受けられた。国連安全保障理事会が本日開いた公開会合で、軍事行動の正当化を主張する米国とシリアのアサド政権を支えるロシアとの溝が埋まらず、米英仏が軍事行動に踏み切るのではないかとの警戒感が広がり、リスク回避姿勢を強めたことも支援要因。



NYプラチナ
ユーロ高を受けて地合いを引き締めた。ただ株安に上値を抑えられて上げ一服へ。国連安全保障理事会で米仏英3カ国がシリアに対する軍事行動の必要性を主張し混沌そしている。



NY原油
石油輸出国機構(OPEC)の月報で、堅調なエネルギー需要やOPEC主導の減産により世界の過剰な原油在庫は解消に近い状態だとの見方を示したほか、今年の世界石油需要見通しを上方修正。これを好感した買いが入ったほか、シリア情勢の緊迫化による中東地域の原油供給混乱への懸念も引き続き相場を支えた。ただ、米国内の石油リグ(掘削装置)稼働数が増加したことで一気に上昇加速といった動きではなく上値は限定的。




◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。





海外市況 ゴールド・プラチナ・オイル

おはようございます、海外市況ですが


kaigai180413.jpg 



NYゴールド
リスク回避姿勢の高まりなどを背景に買い進まれ、一時は年初来高値を更新するなど大幅高となった前日の流れに対し、買われ過ぎ感が高まったことなどから利益確定の売り物が優勢の展開。トランプ米大統領がツイッターで、シリアへの攻撃が差し迫ったものではないと示唆し、過度なリスク回避ムードが和らいだことも下げ足を強めた恰好。




NYプラチナ
ユーロ安を受けて下落。しかし、その後は米大統領の発言を受けてシリア情勢に対する懸念が後退し、株高に振れたことなどが下支えとなって地合いを引き締めた。




NY原油
中東情勢の緊迫化により地政学的リスクが台頭している中、石油輸出国機構(OPEC)が4月月報で、石油市場は需給均衡化しつつあるとの見方を示したことを好感する向きからの買いに支えられるた。ただ、買い過剰感が高まりつつある上に、前日の米エネルギー情報局(EIA)発表の週間在庫統計で、原油在庫が予想外の増加となったことで上値も重く前日高値を上回れず終了。




◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。







海外市況 ゴールド・プラチナ・オイル

おはようございます、海外市況ですが


kaigai180412.jpg 




NYゴールド
シリアのアサド政権が化学兵器を使用したとの疑惑を受けて米国や英仏などが軍事行動に踏み切る可能性が高まっていることを背景に、安全資産とされるゴールドは買われる展開で、一時年初来高値を更新した。



NYプラチナ
ドル安や金堅調を受けて上値を伸ばした。前日高値を突破すると、テクニカル要因の買いも入り946.0ドルまで上伸。ただその後は金の上げ一服を受けて戻りを売られ、高値から約15ドルも後退することとなった。



NY原油
シリアのアサド政権による化学兵器使用疑惑をめぐり、米国が軍事行動に踏み切る可能性を示唆するなど地政学的リスクが高まっていることを受け、周辺の中東地域の原油供給に混乱が生じるとの懸念が浮上。年初来高値の66.66ドルを上抜いたたことでテクニカル的な買いも入り、一時は67ドル台まで急伸。ただ、買い一巡後は利食い売りに押されたほか、米エネルギー情報局(EIA)が発表した週間在庫統計で原油在庫が大幅増となったことを受けて上げ幅を削った。




◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。