トレードナビゲーター

マーケットの魔術師たちに追いつき追い越せ
インフォメーション

1115.png

1125.jpg

お問合せは06-6543-3100までご連絡下さいませ。

海外市況 ゴールド・プラチナ・オイル

おはようございます、海外市況ですが

kaigai171121.jpg 



NYゴールド
ドイツの政局不安などを背景に対ユーロでドル高が先行し、金の割高感が強まり、前週末の上げ幅をほぼ帳消しにする大幅反落となった。


NYプラチナ
ドイツの連立交渉決裂によるユーロ安や原油安などを受けて売り優勢となり大幅安へ。


NY原油
石油輸出国機構(OPEC)加盟国にロシアなど非加盟国を加えた主要産油国は30日に会合を開きますが、減産延長に対する期待感から一時続伸する場面も見られましたが、買い一巡後は減産延長に対する一部の懐疑的な見方が広がったうえ、利食い売りなどに押される格好で反落。




◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。





海外市況 ゴールド・プラチナ・オイル

おはようございます、海外市況ですが

kaigai171120.jpg 



NYゴールド
ロシア政府による昨年の米大統領選への介入疑惑を捜査している特別検察官が、10月半ばにトランプ陣営の幹部10数人に対しロシア関連文書の提出を命じていたと報道。これを受け、トランプ米政権の先行き不透明感が再燃したことから投資家がリスク回避姿勢を強め、安全資産とされる金の買い物が入る展開。また米下院が税制改革法案を可決しましたが、税制改革に対する不透明感が残っている。




NYプラチナ
時間外取引の高値を突破すると、テクニカル要因の買いが入って一段高となった。その後は金や原油の上昇を受けて堅調となり、先月高値を突破した。



NY原油
米国での供給過剰感の再燃などを背景に売りが先行していましたが、前日までの流れに対する反動から安値拾いの買いが入りやすかったことや、米紙ウォール・ストリート・ジャーナルによるロシア政府の米大統領選介入疑惑に関する報道を受けて金などの商品が大幅高となったことで上伸。




◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。





海外市況 ゴールド・プラチナ・オイル

おはようございます、海外市況ですが

kaigai171117.jpg 


NYゴールド
ドル買い・ユーロ売りが先行していたことから、朝方までは軟調に推移。また、前日に発表された米経済指標が堅調だったことも、12月の追加利上げを後押しする材料となり、金には下押し圧力がかかった。しかし、その後はドルが若干売り戻され、商品の割高感が薄れたことから、小幅ながらプラス圏に浮上。



NYプラチナ
米経済指標が弱い内容となり、ドル安に転じたことを受けて地合いを引き締めた。その後は株高などを背景にパラジウム主導で押し目を買われ上昇しましたが、金の上げ一服に上値を抑えられた恰好。



NY原油
前日までに発表された米在庫統計で原油在庫がともに予想外の増加となったことを受け、米国内の供給過剰感が意識された流れを本日も継続。ただ、今月末に開催される石油輸出国機構(OPEC)総会で、OPEC主導による協調減産が延長されるとの期待感も根強く下値は限定的。



◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。





海外市況 ゴールド・プラチナ・オイル

おはようございます、海外市況ですが

ny171116.jpg 



NYゴールド
米税制改革の年内実現への懐疑的な見方などからリスク回避的に買われた前日の流れを引き継ぎ、一時は1290ドルまで上昇。しかし、買い過剰感が高まったことから利益を確定させようと売りが入ったほか、10月の米小売売上高が予想を上回る良好な内容となり、これを受けて米追加利上げに対する警戒感が再燃したことが金の圧迫要因となり、マイナス圏へと転落。



NYプラチナ
時間外取引の高値を突破し、テクニカル要因の買いが入ったことで上昇。その後は好調な米消費者物価指数や米小売売上高をきっかけにドル安が一服したことに上値を抑えられましたが下値も限定期だった。930ドルを中心に上下10ドルのレンジ形成中。



NY原油
前日の米石油協会(API)の統計の流れを引き継ぐ中、米エネルギー情報局(EIA)が本日発表した週間在庫統計でも原油在庫は190万バレル増加したため、統計発表直後は売りの流れが加速。しかし取引中盤以降は、売り過剰感などから安値拾いの買いが見受けられたため下げ幅を縮小。




◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。







海外市況 ゴールド・プラチナ・オイル

おはようございます、海外市況ですが

kaigaiu171115.jpg 



NYゴールド
一時1週間ぶりの安値を付けましたが、ドル安や軟調な株式市場が押し上げ要因となった。米税制改革をめぐる議会審議が難航する可能性が高いとの見方からリスク回避姿勢を強めたことも安全な資産とされる金の魅力を高めプラス圏を回復。



NYプラチナ
パラジウム軟調や株安が圧迫要因。米株価は原油安や米ゼネラル・エレクトリック(GE)急落を受けて下落し、金にヘッジ買いが入ったのに対し、プラチナはリスク回避の動きが下げ要因へ。



NY原油
石油輸出国機構(OPEC)が月報で18年の需要増加を予想していたため、市場ではOPEC加盟・非加盟の産油国による協調減産効果への期待も加わって需給引き締まり観測が広がっていたものの、この日は流れが反転。米国内で続くシェールオイル増産の動きも圧迫材料となった。



◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。