FC2ブログ

トレードナビゲーター

マーケットの魔術師たちに追いつき追い越せ
インフォメーション
181102.jpg

お問い合わせは 0120-433-667 安村まで 

海外市況 ゴールド・プラチナ・オイル

おはようございます、海外市況ですが


kaigai181019.jpg 




NYゴールド
アジアや欧州の株式市場で株価が下落したほか、米株式市場でも利上げ継続観測やサウジアラビアをめぐる地政学的リスクを背景に株価が大幅安となり、リスク回避姿勢を強めたことから安全な資産とされる金は買われる格好。ただ、英国のEU離脱交渉の当初期限とされていた11月合意がほぼ絶望的になったことを背景にユーロ安・ドル高基調が継続し、金の割高感が生じているためか、頭重さもあった。




NYプラチナ
株安を受けて時間外取引の安値を割り込み、828.6ドルまで下落。その後、株安によるドル安を受けて下げ一服となりましたが、ドル安が一服すると再び売られた。



NY原油
前日の米エネルギー情報局(EIA)週報で原油在庫の大幅な積み増しとなり、米国内の需給不均衡への懸念が強まったことに加え、サウジアラビアの増産観測、米株価の下落も相場を圧迫した。



更に詳しい情報はこちらへ
      ↓
売買方法に特化した情報サイト CXマーケットEye



◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。




海外市況 ゴールド・プラチナ・オイル

おはようございます、海外市況ですが


kaigai181018.jpg 




NYゴールド

ドル高・ユーロ安が進行し、割高感が生じたため圧迫要因となった。清算値確定後に発表されたFOMC議事要旨では、多くの参加者は今年4回目の利上げに前向きな見解を示していることが明らかになったが、ほぼ想定の範囲内にとどまったため、市場の反応は限定的だった。



NYプラチナ
欧州時間の金堅調が下支えとなる場面も見られましたが、ドル高を受けて戻りを売られた。




NY原油
OPECの事務局長は、サウジアラビアがOPECに対し、原油市場が供給不足に陥らないようにすることを確約したと明らかにした。これを受けて、供給ひっ迫懸念が後退したため、ファンド筋の売り物が先行。その後、EIA週報で、原油在庫が前週比649万バレル増と市場予想(を大幅に上回る積み増しとなったことで下げ幅を拡大させた。




更に詳しい情報はこちらへ
      ↓
売買方法に特化した情報サイト CXマーケットEye



◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。





海外市況 ゴールド・プラチナ・オイル

おはようございます、海外市況ですが


kaigai181017.jpg 



NYゴールド
サウジアラビア人の反体制記者の失踪をめぐり同国と欧米諸国の対立が深まる中、地政学的リスクの高まりが意識されて安全資産とされる金が買われやすくなっている流れを継続。ただ、米金融大手ゴールドマン・サックスの好決算や本日発表の主要な米経済指標が総じて良好だったことなどを背景に米株価が大幅高となり、投資家がリスク回避姿勢を弱めたため、上値の重さもあった。



NYプラチナ
安寄りしたのち、金堅調につれ高となりましたが、ユーロ高一服や米株価急伸による金反落を受けて上値を抑えられた恰好。



NY原油
サウジアラビア人記者の行方不明問題や、米国の対イラン制裁再開に伴うイラン産原油の輸出減少が支援要因。米株価の大幅上昇を眺めて、投資家のリスク選好姿勢が強まったことも買い物を誘う格好で上昇。



更に詳しい情報はこちらへ
      ↓
売買方法に特化した情報サイト CXマーケットEye



◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。





海外市況 ゴールド・プラチナ・オイル

おはようございます、海外市況ですが


kaigai181016.jpg 




NYゴールド
サウジアラビアの反体制派ジャーナリスト失踪に関して、同国と西側諸国の対立が深まるなど地政学的リスクが高まったことで、安全資産とされる金が買われやすくなった面もあり上昇。その後、
サウジのサルマン国王とトランプ米大統領の電話会談が実施され、国王は失踪さえ知らなかったと指摘し、トランプ米大統領はポンペイオ米国務長官をサウジに派遣することで合意したことが流れ高値から10ドル近く下落史荒っぽい展開になった。



NYプラチナ
予想以下の米小売売上高によるドル安を受けて堅調となり、7月以来の高値を付けた。ただその後は、米株式市場の落ち着きなどを受けて金が上げ一服となったことに上値を抑えられた恰好。



NY原油
サウジアラビアと西側諸国の対立が深まっており、トランプ米大統領は14日放映のCBSテレビとのインタビューで、サウジ当局によるカショギ氏殺害が事実なら「厳しい処罰を加える」と表明。サウジアラビア政府も場合によっては対抗措置を講じる姿勢を示した。これを受け、石油輸出国機構(OPEC)の盟主サウジをめぐる地政学的リスクが高まったため上昇。





更に詳しい情報はこちらへ
      ↓
売買方法に特化した情報サイト CXマーケットEye



◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。




海外市況 ゴールド・プラチナ・オイル

おはようございます、海外市況ですが


kaigai181013.jpg 




NYゴールド
世界的な株安連鎖を背景に買いが膨らんだ前日の流れに対し、買い過剰感が高まったことなどから利益確定の売りが先行。対ユーロでのドル安基調一服により割安感が後退したことや、世界的な株安傾向にひとまず歯止めが掛かったことで投資家心理が改善し、金の魅力が低下したことも圧迫要因となった。



NYプラチナ
欧米の株価が買い先行となったことが支援材料となりましたが、ゴールドがドル高で小安くなったことから追随安となった。



NY原油
世界的な株安連鎖に歯止めがかかり、投資家心理が改善、過度のリスク回避の動きが後退したことで、買い戻しが優勢の展開。ただ、ドルが対ユーロで強含んだことで原油などの商品に割高感が生じたほか、世界的な石油需要の減退懸念が相場の重しとなり徐々に上げ幅を縮小させた。



更に詳しい情報はこちらへ
      ↓
売買方法に特化した情報サイト CXマーケットEye



◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。