海外市況 ゴールド・プラチナ・オイル

おはようございます、海外市況ですが

kaigai0324.jpg 


NYゴールド

米医療保険制度改革法(オバマケア)の代替法案をめぐる審議の行方に警戒感がある中、朝方には安全資産としての買いが入ってプラス圏に浮上。しかし、5営業日続伸していた反動でこの日は利益確定の売りが出たほか、その後に発表された2月の米新築一戸建て住宅販売件数が予想を上回る良好な内容だったことも売り材料となり、再びマイナス圏に後退。


NYプラチナ

ドル反落や原油高、金の上昇、パラジウムの急伸したあと、原油・金の反落で前日安値を下回りましたが、米国株の上昇でプラスに浮上。


NY原油

下落傾向が続いていたことから安値拾いなどの買いも入り、前日夜からこの日朝方にかけては堅調に推移していた。ただ、米エネルギー情報局(EIA)が前日午前に発表した最新週の原油在庫が500万バレル増と、市場予想(ロイター通信調べ)の280万バレル増を大幅に上回っていたことから、米国内の過剰在庫が改めて意識される形となり、石油輸出国機構(OPEC)主導の協調減産効果を相殺するのではないかとの懸念も再浮上、相場を下押しした。


◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。


theme : 商品先物取引
genre : 株式・投資・マネー

海外市況 ゴールド・プラチナ・オイル

おはようございます、海外市況ですが

kaigai0323.jpg 


NYゴールド

トランプ米政権の政策運営に対する懐疑的な見方が広がる中、世界的に株安へ。これを受け、安全資産としての金に買いが入り上伸。ただ、1250ドル付近では高値警戒感もあり上値は限定的だった。2/27高値1264.9ドルを突破できるか否かがポイントに・・!?



NYプラチナ

ドル反落や金の反発で上値を伸ばしたが、ドル反発や原油急落、米株価指数先物の下落で値を消すこととなった。直近の下落幅に対して38.2%戻り達成からの反落ですが・・さて・・!?


NY原油

原油在庫の予想以上の増加、受渡場所となるオクラホマ州クッシング原油在庫や原油生産の増加など引き続き供給過剰への懸念から、期近は一時、昨年11月以来の水準まで下落。下値注目ポイントの
3/14安値47.09ドルを一時割り込みましたが・・・瞬間の割り込みか?・・さて・・!?


◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。


theme : 商品先物取引
genre : 株式・投資・マネー

海外市況 ゴールド・プラチナ・オイル

おはようございます、海外市況ですが

kaigai0322.jpg 


NYゴールド

利食い売りが先行し、軟調に推移していましたが、朝方にはプラス圏に浮上。ドル売り・ユーロ買いが進行し、金に割安感が生じた。また、トランプ米大統領の政権運営をめぐる不透明感などを背景に米国株が大きく値を崩し、安全資産とされる金に資金が流入。2/27高値1264.9ドルを突破できるか否かがポイントに・・!?


NYプラチナ

利食いにで前日安値を下回ったあと、ドル安加速や金の反発で2週間ぶりの高値に反発しましたが、原油・株価の下値追いで値を消した。直近の下落幅に対して38.2%戻り達成ですが・・さて・・!?


NY原油

ユーロでのドル安進行に伴う割安感を背景に、朝方までは堅調に推移していた。しかし、午前中ごろから利益確定の売りなどが出て、一気にマイナス圏に沈み、その後も米国内での供給過剰に対する懸念などを背景に下げ幅を拡大した。3/14安値47.09ドルを維持できるかがポイントに・・!?


◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。



theme : 商品先物取引
genre : 株式・投資・マネー

海外市況 ゴールド・プラチナ・オイル

おはようございます、海外市況ですが

kaigai0321.jpg 


NYゴールド

新規の手掛かり材料が不足する中、テクニカルな買いに続伸。ただ、外国為替市場でドル売り・ユーロ買いの動きが一服し、ドルが昼にかけて買い戻されたため、割高感が生じ、上値は限定的。


NYプラチナ

金曜高値を突破したあと、ドル反発や原油・米株価指数先物の下落で値を消しましたが、緩やかな米利上げ予想やインフレ容認発言で上値を伸ばした。


NY原油

米国内の石油掘削リグ稼働数は前週比14基増の631基と、2015年9月以来の高水準となった。米国内のシェールオイル生産が引き続き拡大していることが明らかになったことなどから、OPEC加盟・非加盟国による協調減産効果が薄れるのではないかとの不安が再燃し、原油相場は下落。上値49.62㌦と下値47.09㌦がポイントに。


◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。


海外市況 ゴールド・プラチナ・オイル

おはようございます、海外市況ですが

kaigai0318.jpg 


NYゴールド

米連邦公開市場委員会(FOMC)で年内の利上げ想定回数が3回に据え置かれたことを受け、金利を生まない資産である金には買いが入りやすい環境だった。ただ、週末とあって利益確定の売りも出やすく、上値も重い展開に!



NYプラチナ

金の下落で値を消しましたが、前日安値を維持したあとは、ドル安・原油高や米株価指数先物の反発、金の反発で切り返した。ただ、利食いで上げ幅縮小。



NY原油

ドル安・ユーロ高基調が継続していることを受け、ドル建てで取引される原油は早朝から買われ、堅調に推移していましたが、その後ドルが対ユーロで強含んだことから、原油相場はほぼ値を消す展開となった。


◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。


theme : 商品先物取引
genre : 株式・投資・マネー

重要開示事項
必ずお読みください

重要開示事項

リスクについて

個人情報保護方針



はじめに
当ブログに掲載されている内容が正確であるよう最善を尽くしておりますが、内容についての一切の責任を負うものではありません。なお、予告なしに内容が変更又は、廃止される場合がありますので、あらかじめご了承ください。
プロフィール
tradenavigator

Author:安村 武彦


1987年から2005年まで商品先物取引の外務員に従事し、その後専業とレーダーで生計をたてる。トレーダー時代の知人の一言で業界復帰。良い情報を配信したいと思っています。

国際テクニカルアナリスト連盟
認定テクニカルアナリスト
(CFTe)
AFP 日本FP協会認定
フュージョントレード
新しい取引スタイルをご提供します
ft
情報サイト入口
売買方法に特化した情報サイト CXマーケットEye
コンテンツ紹介やお申込み方法はこちらをご覧ください
セミナー情報
随時開催のセミナ予定 185.jpg
お問い合わせ 06-6543-3100(直通)
リンク






TradeOnePro

このブログをリンクに追加する
カテゴリ
ランキング
にほんブログ村 先物取引ブログへ
にほんブログ村


にほんブログ村


商品先物でいこう




商品先物 ブログランキングへ
Twitter
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
QRコード
QR
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
最新コメント