トレードナビゲーター

マーケットの魔術師たちに追いつき追い越せ
インフォメーション

1030.jpg
お問合せは06-6543-3100までご連絡下さいませ。

海外市況 ゴールド・プラチナ・オイル

10月21日 海外市況ですが

ny171021.jpg 


NYゴールド
米上院で2018年度予算決議案が可決し、これにより共和党が民主党の支持なしに減税案を推進することがより容易になった。こうした背景からトランプ政権の税制改革実現への期待が高まり、ドルが対ユーロで上昇したため割高感が生じて売り物が先行した格好。



NYプラチナ
ドル高が圧迫要因ながら、現物価格が下げ渋りを見せ小じっかりと推移。金安にも連れ安とはならず推移。前日安値を割り込まずに下値堅く推移しプラス圏を維持して終了。



NY原油
米上院での予算案可決などを受けた対ユーロでのドル高により、割高感が台頭したことからマイナス圏で推移していましたが、米国内の原油のリグ稼動数の減少やイラク中央政府とクルド自治政府の係争地キルクークとトルコを結ぶパイプラインの送油量が通常の3分の1に落ちこんでいるため、供給不安も材料視された模様。



◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。




海外市況 ゴールド・プラチナ・オイル

おはようございます、海外市況ですが

kaigai1020.jpg 


NYゴールド
最近の下落の流れに対する反動から、安値拾いの買いが入った模様。ドルが対ユーロで軟調に推移し、ドル建てで取引されるゴールドの割安感が生じたことも相場を支援。



NYプラチナ
米連邦準備理事会(FRB)の次期議長人事を巡る思惑が圧迫要因となりましたが、スペインのカタルーニャ問題に対する懸念やドル安を受けて下げ一服へ。



NY原油
前日までの上昇の流れに対し、買い過剰感が高まったことで利益確定の売り物が先行する展開。ただ、石油輸出国機構(OPEC)加盟・非加盟国が来年3月末に期限が切れる協調減産について、さらに延長する方針に傾いているとの一部報道が相場を下支えしている。



◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。





海外市況 ゴールド・プラチナ・オイル

おはようございます、海外市況ですが

kaigai171019.jpg 



NYゴールド
米連邦準備制度理事会(FRB)の次期議長人事をめぐり、タカ派色が濃いとされるスタンフォード大のジョン・テイラー教授が有力候補に浮上したとの報を受け、追加利上げへの警戒感が再燃したことから売られた前日の流れを継続。NYダウ平均が取引時間中の史上最高値を更新する上昇となったことや、米税制改革実現に向けた協議が前進しているとの報を受け、リスク選好姿勢を強めていることも売り圧力となった。



NYプラチナ
ドル高や金軟調などを受けて売り優勢で始またあとも、パラジウム急落も圧迫要因となり下げ幅を拡大。ただ積極的に上値を追う流れとはならず上値も限定的。






NY原油
米エネルギー情報局(EIA)が本日発表した週間在庫統計で、原油在庫が前週比で570万バレル減と予想(420万バレル減)を上回り、これを好感して買いが先行。先月高値52.86ドルが意識されているとみられますが、さて・・・!?



◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。




海外市況 ゴールド・プラチナ・オイル

おはようございます、海外市況ですが

kaigai171018.jpg 


NYゴールド
ドル高・ユーロ安が進行、ドル建てで取引されるゴールドに割高感が生じたことから、金が売られた。また、利益確定の売りが出たことも相場を下押しする要因。また、次期FRB議長人事をめぐりイエレン現議長よりもタカ派色が濃いとされるスタンフォード大のジョン・テイラー教授が有力候補に浮上したとの報なども、金利を生まない資産である金には売り圧力がかかった。



NYプラチナ
時間外取引から軟調に推移していましたが、日中取引開始後も売り圧力にさらされた。中盤から後半も戻り歩調ではあったが、上値も限定的で取引終了。




NY原油
イラク中央政府とクルド自治政府との軍事衝突や、トランプ米大統領がイラン核合意について完全に打ち切る可能性を示唆したことを背景に、中東地域での地政学的リスクが高まっていることが支援する一方、イラク北部の主要油田が通常通り操業を続けていることや、米国内のシェールオイル生産が拡大するとの観測を嫌気する向きからの売りも入り、全般的に売り買いが交錯。



◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。





海外市況 ゴールド・プラチナ・オイル

おはようございます、海外市況ですが

kaigai171017.jpg 



NYゴールド
連邦準備制度理事会(FRB)が年内の連邦公開市場委員会(FOMC)で追加利上げを決定するとの観測が後退しつつあることで、金利の付かない金を買う動きが広がった前週末の流れに対する反動から利益確定の売りが先行。NYダウ平均が史上最高値を更新するなど投資家がリスク回避姿勢を弱めたことも、安全な資産とされる金の圧迫要因となった。



NYプラチナ
時間外取引では小高く推移していましたが、金の軟化から上げ幅を削る展開となった。9月高値からの下落幅に対して38.2%戻り界隈で上値の重さが出てますが・・・さて!?



NY原油
住民投票で独立賛成派が圧倒的多数を占めたイラク北部クルド自治政府とイラク中央政府との対立が深まる中、イラク軍部隊が、帰属を争う油田都市キルクークへ進軍を開始。その後、同部隊が主要拠点を掌握したとの報が伝わりましたが、進軍に伴う混乱により原油供給への不安が高まったことから買いが先行。



◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。