トレードナビゲーター

マーケットの魔術師たちに追いつき追い越せ
インフォメーション
333.jpg


お問合せは06-6543-3100までご連絡下さいませ。

海外市況 ゴールド・プラチナ・オイル

おはようございます、海外市況ですが


kaigai0727.jpg 



NYゴールド
利益確定の売りや持ち高調整の売りが入った模様。また、世界的な株高などを背景に投資家のリスク選好意欲が回復する中、安全資産とされるゴールドには売り圧力がかかった恰好。ただ、米連邦公開市場委員会(FOMC)声明の発表を午後に控えて様子見ムードも強かったため値動きは小幅。
清算値確定後に発表されたFOMC声明では、このところ弱さが見られる物価動向に対して警戒感が示され、追加利上げ観測が後退したことから、金利を生まない資産である金には追い風となり、相場はプラス圏に再浮上。


NYプラチナ
時間外取引の安値を割り込み、テクニカル要因の売りが出て一段安へ。ドル高が一服しましたが、戻りは売られ、920ドル割れまで下落。ただ米連邦公開市場委員会(FOMC)の発表後はドル安を受けて急反発し、安値から12ドル反発する場面があった。


NY原油
米国内外の供給過剰懸念が和らぐ中、米石油協会(API)発表の米週間石油在庫統計や米エネルギー情報局(EIA)の週報で、米原油在庫の減少傾向が今週も確認されたことが手がかりに買いが入り3日続伸。



◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。







海外市況 ゴールド・プラチナ・オイル

おはようございます、海外市況ですが

kaigai0725.jpg 


NYゴールド
取引序盤は堅調に推移してましたが、ドルがユーロに対して買い戻され、割安感が薄れたことから、徐々に上げ幅を縮小した。また、25、26両日には米連邦公開市場委員会(FOMC)が予定されているため、様子見ムードが強まったことも買い控えにつながった。


NYプラチナ
取引序盤は、トランプ米大統領の娘婿ジャレッド・クシュナー大統領上級顧問の議会証言などを控えて先行き懸念が残るなか堅調に推移してましたが、ドル安が一服したことを受けて地合いを緩め、時間外取引の安値を下回って後退。


NY原油
石油輸出国機構(OPEC)加盟国とロシアなど非加盟産油国は、ロシアで開いた協調減産の監視委員会で、これまで減産を免除されていたナイジェリアの産油量を制限する方針を表明した。これを好感した買い物が優勢となり、1バレル=46ドル台半ばまで上昇。ただ、ナイジェリアの産油量は日量180万バレルに達した後「生産調整」に入るとされ、直近統計の173万バレルを上回る生産枠となるほか、同じく減産を免除されているリビアは合意に至らなかったため、上値は抑えられた。



◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。



海外市況 ゴールド・プラチナ・オイル

おはようございます、海外市況ですが

kaigai0722.jpg 


NYゴールド
対ユーロでのドル安地合いを受けて、ドル建てで取引されるゴールドの割安感が生じ買われた。また、スパイサー米大統領報道官が辞任したと伝わり、トランプ大統領の政権運営能力に一段と懐疑的な見方が広がったことから、安全資産として金に買いが入った。


NYプラチナ
ドル安を受けて続伸。日中立ち合いは、上げ一服から上げ幅を削る動きとなりましたが、前日終値を割り込まず押し目は買われて堅調で終了。


NY原油
石油コンサルタント会社が、サウジアラビアやナイジェリアなどの増産を受けて、7月のOPEC産油量が日量14万5000バレル増加するとの見通しを発表。この報を嫌気し、朝方から時間を追って下げはあを拡大させる展開。エネルギー調査会社が24日の共同閣僚監視委員会(JMMC)について、「協議することは多くあるが、追加減産のコンセンサスは得られない」との見方を示したことも嫌気された。



◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。





海外市況 ゴールド・プラチナ・オイル

おはようございます、海外市況ですが

kaigai0721.jpg 


NYゴールド
欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が会見で、量的緩和策について来年以降の方針を「秋に議論する」と表明したことなどを受けてドル安・ユーロ高が進行。ゴールドには割安感が強まったことから買いが入り上昇。


NYプラチナ
ドラギECB総裁のハト派発言や秋に政策変更を議論する方針を示唆されユーロが急伸したことで上昇。937.4ドルを上回れるかがカギに!!


NY原油
来週24日に行われる石油輸出国機構(OPEC)加盟国と非加盟国による共同閣僚監視委員会(JMMC)を控えて、ポジション調整の売りで小反落。



◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。





海外市況 ゴールド・プラチナ・オイル

おはようございます、海外市況ですが

kaigai0720.jpg 



NYゴールド
米上院で医療保険制度改革(オバマケア)代替法案の可決が困難になったことを受け、トランプ政権の政策運営に懐疑的な見方が広がっているため、安全資産としてのゴールドは買われる方向へ。また、米連邦準備制度理事会(FRB)による追加利上げペースが鈍化するのではないかとの観測が浮上していることも追い風となった。ただ、ドルが対ユーロで買い戻されると、ゴールドの割安感が薄れたため上げ幅を縮小。


NYプラチナ
ドル安を受けて時間外の安値からは戻りましたがプラス圏を回復できずに失速。日銀金融政策決定会合や欧州中央銀行(ECB)理事会が待たれることや、医療保険制度改革(オバマケア)代替の先行き懸念が残ることから、戻りを売られて軟調となった。


NY原油
EIA週報によると、14日までの1週間の原油在庫は前週比470万バレル減となり、取り崩し幅が市場予想の320万バレル減を上回った。これを受けて、国内の供給過剰懸念が後退し買われた。ただ、ユーロに対してドル高が先行したことからドル建てで取引される原油には割高感が生じ上値は抑えられた。



◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。