FC2ブログ

トレードナビゲーター

マーケットの魔術師たちに追いつき追い越せ
インフォメーション

トレンドフォローを学ぶなら必見!
1130.jpg

お問い合わせは 0120-433-667 安村まで 

海外市況 ゴールド・プラチナ・オイル

おはようございます、海外市況ですが


kaigai191119.jpg 



NYゴールド
米政府当局者が相次いで中国との貿易協議について楽観的な見方を示し、一時は前日比で10ドル超下落する場面もあった。しかしその後は、中国政府が米国との通商合意をめぐり悲観的なムードになっていると一部米メディアが報じられ安値から切り返す格好。



NYプラチナ
前週末までの上昇に対する反動で利益確定の売り物に押される場面もあったが、その後は一部米メディアの報道を受けて金が急速に切り返したことを眺めて買い戻され、小幅ながらプラス圏に浮上し4日続伸となった。



NY原油
劉鶴副首相とライトハイザー米通商代表部(USTR)代表、ムニューシン米財務長官が16日に電話で貿易協議を行ったと報じたことを手掛かりに、一時1バレル=58ドル台を付ける場面がみられたが、その後、米メディアが「中国政府が米国との通商合意を巡り悲観的なムードになっている」と報道。一転して売り物が膨らむ展開となり水準を下げた。



更に詳しい情報はこちらへ
   売買方法に特化した情報サイト CXマーケットEye

◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。



海外市況 ゴールド・プラチナ・オイル

おはようございます、海外市況ですが


kaigai191114.jpg 



NYゴールド
上伸していましたが、本日発表された10月の米消費者物価指数(CPI)が市場予想を上回ったことに加え、パウエル米連邦準備制度理事会(FRB)議長が議会証言で「現状の金融政策は適切」と表明。これまで実施してきた利下げの効果を見極める考えを改めて示唆したため、次回12月の連邦公開市場委員会(FOMC)では政策金利を据え置くとの見方が強まり上げ幅を削る格好となった。



NYプラチナ
前日までの下落を受けた安値拾いの買いが先行。米国の株式市場が堅調に推移したことも支援要因。



NY原油
今週発表される米国内の原油在庫が前週比160万バレル増と、3週連続の増加が予想されていることから、取引序盤は続落していましたが、米株価が史上最高値を更新したことで、株価と並ぶリスク商品である原油を買う動きが優勢となり反発となった。



更に詳しい情報はこちらへ
   売買方法に特化した情報サイト CXマーケットEye

◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。





海外市況 ゴールド・プラチナ・オイル

おはようございます、海外市況ですが


kaigai191113.jpg 




NYゴールド
米政権が欧州から輸入する自動車に対する輸入制限を6カ月間先送りにするとの思惑が浮上したため、リスク選好姿勢を強め売られる展開。トランプ大統領の演説で新たな材料を期待した向きの失望売りに、米株価が上げ幅を削ったため買い戻される格好となり、清算値確定後にプラス圏に浮上。



NYプラチナ
10月2日安値(875.60ドル)を割り込んだことでテクニカル売りが誘われ、下げ幅を拡大。



NY原油
米中貿易協議の進展に対する楽観的な見方が下支えとなり下げ幅は小幅にとどまった。トランプ米大統領の演説が注目されていましたが、目新しい材料に乏しかったことから、影響は限定的となった。



更に詳しい情報はこちらへ
   売買方法に特化した情報サイト CXマーケットEye

◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。






取引終了 金・白金・原油

おはようございます、海外市況ですが


kaigai191031.png 



NYゴールド
FOMCでは大方の予想通り利下げが決定されたが、公表された声明で「景気拡大維持へ適切に行動」との文言が削除されたほか、連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長も、今後の金融政策の方向性を示さなかったため、金融緩和姿勢が後退したと受け止める向きが多く、金利を生まない資産である金は売られて一時1480ドル台まで下落。ただ、パウエル議長は「現時点で利上げは考えていない」とも発言したほか、対ユーロでドル安が進んだことから買い戻され、清算値確定後の電子取引でNY金は乱高下している。



NYプラチナ
テクニカル的な買いに支えられ続伸して清算値は確定。その後の電子取引では、米FOMC声明やパウエルFRB議長の発言を受けてNY金が乱高下したことに連れて不安定な値動きとなった。



NY原油
米エネルギー情報局(EIA)週報で、原油在庫が前週比570万バレル増と市場予想(50万バレル増)を大幅に上回る積み増しとなったため、売りが先行する展開。ただ、石油製品在庫が予想を上回る取り崩しとなったことに下支えられ下げ幅を縮小させた。



更に詳しい情報はこちらへ
   売買方法に特化した情報サイト CXマーケットEye

◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。





海外市況 ゴールド・プラチナ・オイル

おはようございます、海外市況ですが


kaigai191017.jpg 



NYゴールド
米商務省が発表した9月の小売売上高が7カ月ぶりのマイナスとなり、米景気減速懸念が生じたことでリスク回避姿勢が強まり金は買われる格好。



NYプラチナ
中国の自動車用触媒需要低迷観測が根強い中、低調な米小売売上高を受けて米景気減速懸念が生じたことにも圧迫されてマイナス圏で推移する場面もありましたが、金の上昇とパラジウムの大幅高を背景に買い戻されプラス圏に浮上。



NY原油
OPECの事務局長が「市場の安定維持のためにできることはやる」と発言したと報じられ、12月のOPEC総会で、一段の減産が決まるとの期待が浮上したため買いが先行する展開。ただ、低調な米小売売上高を受けた米国経済の先行き懸念が上値を抑える格好となり伸び悩んだ。



更に詳しい情報はこちらへ
     売買方法に特化した情報サイト CXマーケットEye

◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。