FC2ブログ

トレードナビゲーター

マーケットの魔術師たちに追いつき追い越せ
インフォメーション

9月もWEBセミナー開催します
 200919.jpg

メールにて商品先物取引情報を配信中
111.png  

お問い合わせは 0120-433-667 安村まで 

海外市況 ゴールド・プラチナ・オイル

おはようございます、海外市況ですが



ny0312.jpg 



NYゴールド
世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は11日、新型コロナウイルスは「パンデミック」の状況にあると表明したことを受けて、リスク回避姿勢が広がり、米株価が大幅反落となったことを受け、金の換金売りに動いたことから続落となった。



NYプラチナ
英中銀の緊急利下げなどが支援要因になったが、ドル高や金反落を受けて戻りは売られた。



NY原油
サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコは、同国のエネルギー省が同社に対し、原油生産能力をこれまでの日量1200万バレルから1300万バレルに拡大するように命じたと発表。これを受けて供給過剰感が強まったほか、新型コロナウイルスの感染拡大に対する米政権の景気支援策への失望感などから米株価が急落したことにも圧迫された。



更に詳しい情報はこちらへ
      売買方法に特化した情報サイト CXマーケットEye

 
当社お客様専用情報サイトを無料開放
0318.jpg

メールにて無料で商品先物取引情報を配信中

3.jpg
 


◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。




1海外市況 ゴールド・プラチナ・オイル

おはようございます、海外市況ですが


kaigai0311.jpg 


NYゴールド
トランプ米大統領は9日、新型コロナウイルスの感染拡大で打撃を受けた業種を対象とする給与税減税や所得補償など大規模な景気対策の実現を与党共和党に働き掛けると表明したことを受け、リスク回避姿勢が後退したことから、金を売る動きが広がった。



NYプラチナ
金の下落に連れる格好で小幅ながら続落となる場面も見られたが、前日に暴落となった米株価が堅調に推移していることを背景に反発となった。



NY原油
トランプ米大統領が新型コロナウイルスの感染拡大で打撃を受けた業種を対象に「大規模な」景気対策を検討すると表明した上に、日本政府も新型コロナ緊急対応策の第2弾を取りまとめ、両政府による景気下支えに向けた動きも買い戻しの流れをさらに強めて5営業日ぶりに反発。


更に詳しい情報はこちらへ
      売買方法に特化した情報サイト CXマーケットEye

 
当社お客様専用情報サイトを無料開放
0318.jpg




メールにて商品先物取引情報を配信中

3.jpg


◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。




海外市況 ゴールド・プラチナ・オイル

おはようございます、海外市況ですが


NYゴールド
米連邦準備制度理事会(FRB)が0.50%の緊急利下げに踏み切り、金利を生まない金を買う動きが殺到し、一時は1650ドルを回復するなど急騰した。



NYプラチナ
米FRBの緊急利下げを受けて金が急騰したことに連れて買いが先行する展開。ただ、米株価やパラジウムの大幅安に圧迫されたためか、高値からは上げ幅を削る格好となった。



NY原油
米連邦準備制度理事会(FRB)が緊急利下げに踏み切ったことで、NYダウ平均が一時300ドル超の上昇となったことで上伸した。しかし、米株価が下落に転じたため、原油相場も値を消す展開。47ドル台前半まで水準を下げた。



更に詳しい情報はこちらへ
      売買方法に特化した情報サイト CXマーケットEye

毎日メールにて無料で商品相場の情報を配信中
3.jpg 


◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。





海外市況 ゴールド・プラチナ・オイル

おはようございます、海外市況ですが


ny200206.jpg 



NYゴールド
前日の急落を受けた安値拾いの買いが先行。一時1566.20ドルまで上昇。その後、英国で新型コロナウイルスのワクチン開発に大きな進展があったと報じられたほか、中国の研究チームが有効な治療薬を発見したと伝わり、欧米株価が大幅高で推移。投資家のリスク回避姿勢が和らいだため上げ幅を削る格好となった。


NYプラチナ
中国で新型コロナウイルスに有効な治療薬を発見したと報じられたことを背景に株高に振れたことから上伸した。



NY原油
中国や英国で新型コロナウイルスによる肺炎への効果が期待される薬の発見やワクチン開発の前進があったと報じられたことから、世界的に株価が上昇したことを受け、原油を買う動きが優勢となったことや、本日発表された米エネルギー情報局(EIA)の週間在庫統計で、原油在庫は予想を上回る増加となったものの、ガソリン在庫が増加予想に反して減少、留出油在庫が予想を上回る減少となったことから6営業日ぶりの反発となった。



更に詳しい情報はこちらへ
      売買方法に特化した情報サイト CXマーケットEye

2月WEBセミナー募集中!
0229.jpg
 


毎日メールにて無料で商品相場の情報を配信中

3.jpg 


◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。




海外市況 ゴールド・プラチナ・オイル

おはようございます、海外市況ですが


ny200205.jpg 



NYゴールド
中国人民銀行(中央銀行)が4日に公開市場操作を通じて大量の資金を供給したことで投資家心理が改善。また、中国当局が新型肺炎で打撃を受けているセクター向けの補助金拡大や税負担の軽減、さらに金融緩和措置で銀行融資の拡大と企業の資金調達コスト低下を促すとの見方が浮上しており、景気減速懸念が後退。上海株式市場や欧米の株式市場も軒並み大幅上昇となったため、売り圧力が強まり急落となった。



NYプラチナ
世界の主要株式市場が大幅上昇となったほか、供給懸念を背景にパラジウム相場が急騰したため、これを眺めて一時980ドル台まで上昇した。ただその後は、金相場の急落が嫌気し値を消す展開でマイナス圏に転落した。


NY原油
「OPECプラス」は、新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大で原油需要に影響が及ぶ可能性があるとして、現在実施している協調減産の規模の日量50万バレル拡大を検討しているとの報を受け、一時は反発となっていましたが、その後は引き続き新型肺炎による感染拡大が継続していることを背景に、原油の需要減退観測が広がり続落となった。



更に詳しい情報はこちらへ
      売買方法に特化した情報サイト CXマーケットEye

2月WEBセミナー募集中!
0229.jpg
 


毎日メールにて無料で商品相場の情報を配信中

3.jpg 


◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。