FC2ブログ

トレードナビゲーター

マーケットの魔術師たちに追いつき追い越せ
インフォメーション

今回のシリーズは必見! 投資力向上に役立つセミナーです。

5月セミナー 毎月恒例の注目銘柄のセミナーです 190509.jpg 

お問い合わせは 0120-433-667 安村まで 

海外市況 ゴールド・プラチナ・オイル

おはようございます、海外市況ですが


kaigai190419.jpg 




NYゴールド
ユーロ圏PMI(購買担当者景況指数)が低調だったことや、3月の米小売売上高が良好だったことなどを受け、ユーロ安・ドル高が進行。これにより割高感が生じて軟調に推移。



NYプラチナ
金の下げ一服などを受けて押し目を買われた。その後は時間外取引の高値を突破したことやパラジウム堅調を受けて900ドルを回復した。



NY原油
EIAが前日発表した週報で、米原油在庫が市場の積み増し予想に反して4週ぶりに取り崩しとなったことを手掛かりに買いが入り、一時64.16ドルまで上昇。その後は、ドル高・ユーロ安が加速する中、割高感が生じマイナス圏に転落。しかし、米国内石油掘削リグ稼働数が前週比で8基減少したとするベーカー・ヒューズの統計が下支えしプラス圏に切り返した。




更に詳しい情報はこちらへ
    ↓
売買方法に特化した情報サイト CXマーケットEye

◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。





海外市況 ゴールド・プラチナ・オイル

おはようございます、海外市況ですが


kaigai0418.png 



NYゴールド
米長期金利が一段の上昇をみせたこと、株式市場の堅調地合いもあり、時間外取引の安値を割り込みテクニカルの売りが出ると、1275.2ドルまで下落。ただ米株価の上値が限られ、売り一巡後はもみ合いとなった。



NYプラチナ
パラジウム堅調を受けて895.3ドルまで上昇。その後は、ドル高や金軟調を受けて上げ一服となった。



NY原油
米エネルギー情報局(EIA)の週間在庫統計で、原油在庫が増加予想に反して減少となる一方、ガソリン在庫が予想よりも小幅な減少にとどまるなど、強弱まちまちな内容となったことから、EIA週報発表後は前日水準でのもみ合いとなっていた。ただ、その後はドルが対ユーロで堅調となり、原油の割高感が広がり反落となった。



更に詳しい情報はこちらへ
    ↓
売買方法に特化した情報サイト CXマーケットEye

◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。






海外市況 ゴールド・プラチナ・オイル

おはようございます、海外市況ですが


kaigai190417.jpg 



NYゴールド
米長期金利が一段の上昇で、金市場からの資金引き揚げが加速し、ストップロスの売りを伴って1280ドル割れとなった。



NYプラチナ
金が下げ幅を拡大したのに追随し一段安となり880.6ドルまで軟化。下値模索の時間帯へ。



NY原油
リビアでは東部を拠点とする軍事組織と西部の暫定政府の戦闘が続いていることに加え、米国による制裁強化でイランとベネズエラの原油輸出が減少し、石油輸出国機構(OPEC)に加盟するこれら3カ国の原油供給が一段と減少するとの観測が強まり反発。




更に詳しい情報はこちらへ
    ↓
売買方法に特化した情報サイト CXマーケットEye

◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。




海外市況 ゴールド・プラチナ・オイル

おはようございます、海外市況ですが


kaigai190416.jpg 



NYゴールド
米財務長官インタビューで、中国との貿易協議は「大きく前進した」と表明。これを受け、米中貿易協議が妥結に向けて前進しているとの見方が広がったことからリスク回避姿勢を弱め、金には売り圧力が掛かる格好。



NYプラチナ
金軟調や時間外取引の安値を割り込んだことを受けてテクニカル面の売りも出て下げ幅拡大。その後は、金の下げ一服を受けて戻り歩調となった。



NY原油
ロシアの財務相が、米国に奪われつつある市場シェアを取り戻すため、石油輸出国機構(OPEC)加盟・非加盟の主要産油国は6月の会合で現行の協調減産を打ち切り、増産を決定する可能性があるとの見解を表明。11日にもOPEC関係筋が7月から増産に転じる可能性が浮上していることを明らかにしていたことから、需給均衡化に対する期待感が後退したため反落となった。




更に詳しい情報はこちらへ
    ↓
売買方法に特化した情報サイト CXマーケットEye

◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。





海外市況 ゴールド・プラチナ・オイル

おはようございます、海外市況ですが


kaigai190413.jpg 



NYゴールド
ドル売り・ユーロ買いが進行。ドル建てで取引される商品に割安感が生じたため買いが先行。米金融大手の好決算などを背景に米株価が堅調となったことから、投資家のリスク回避姿勢が後退し、安全資産として買われていた金を売る動きも見られたため上げ幅は限定的となった。



NYプラチナ
欧米の株高を手がかりに世界的な景気減速懸念が和らぎ、工業用需要の拡大が期待され上昇し900ドル台回復したものの、金の値崩れに合わせて900ドルを割り込んでしまった。



NY原油
中国貿易統計で輸出が予想を上回ったことで、同国経済の先行き警戒感が後退。エネルギー需要増加への期待から買われる展開。一時1バレル=64ドル台後半まで上昇した。ただ、今週高値(64.79ドル)を攻略できずに引けにかけて上げ幅を削る展開となった。



更に詳しい情報はこちらへ
    ↓
売買方法に特化した情報サイト CXマーケットEye

◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。