FC2ブログ

トレードナビゲーター

マーケットの魔術師たちに追いつき追い越せ
トレードナビゲーター TOP  >  2010年11月03日
インフォメーション


           情報サイト無料体験キャンペーン!
 無料体験(20年7月)

メールにて商品先物取引情報を配信中
111.png  

お問い合わせは 0120-433-667 安村まで 
月別アーカイブ  [ 2010年11月 ] 

海外市況 11月3日

おはようございます。海外市況ですが
kaigai1103.png 
NY金は反発。2日から3日に開催される米FOMCに対して大型の量的緩和が実施されるとの 思惑が再燃し、ユーロが上伸し買い進まれる地合いが整った恰好。前日の値幅は拡大できずにインサイドデイ(はらみ足)にとどまりました。

NY白金は、ドル安・株高・原油高や金の上値追いを受け、時間外取引の高値を抜いて1724.6ドル (13.1ドル高)まで上伸。戻り売りで地合いを後退させましたが、米量的緩和期待による押し目買い で地合いを強めた。前日の値幅は拡大できずにインサイドデイ(はらみ足)にとどまりました。

NY原油は大幅続伸。ここ最近の強気の経済指標を好感して買い進まれ、84ドル台を示しました。海外チャート面は直近20日高値を上回り中期上昇トレンド継続へ。
 
シカゴ大豆は期近安・期先高。新規の材料に乏しく、取引序盤の上伸が息切れし中心限月はマイナス圏に。

シカゴコーンは高寄りし強含みましたが、時間外取引の高値で跳ね返されて戻り売りが優勢になり、逆に時間外取引の安値を下回ることになりました。時間外取引の強基調を引き継いだものの、上値が伸びなかったことから警戒感が台頭、小麦が反落に転じたことから手じまい売りが出た。

詳細は「CXマーケットアイ」にて掲載中。 
marketeye.png 
semina.png 情報

Strategy情報満載!必読!

◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります 。