FC2ブログ

トレードナビゲーター

マーケットの魔術師たちに追いつき追い越せ
トレードナビゲーター TOP  >  2010年11月18日
インフォメーション

メールにて商品先物取引情報を配信中
111.png  

お問い合わせは 0120-433-667 安村まで 
月別アーカイブ  [ 2010年11月 ] 

取引終了 11月18日

11月18日 取引を終えて

金 3631円 +27 中立
白金 4471円 +42 売り方針継続
貴金属はともに、日中取引スタートした後、時間を追って上値追いの展開が引けまで続きほぼ高値で取引を終えました。金ははらみ足ながら均衡表の基準線からの反発形状となるかどうかが課題で、白金は雲の領域からの反発となるかがポイントに。

ゴム 362.1円 +8.6 中立
マイナス圏から日中取引ははじまりましたが、10時前にはプラス圏を回復し、日経日平均の上げ幅拡大・他商品の出直りから買い進まれ360円を14時前に示したあとも引けにかけて上値追いとなり362.9円まで高値あり。直近4日間のHLブレイクアウトの戦略は有効と考えています。

ガソリン 54960円 +70 買い方針継続

一般大豆 46110円 +780 売り方針継続
上伸して始まり、時間外取引の大幅アップダウンに高下する展開を見せましたが、終わってみれば高値引けとなり、V字回復の可能性を秘めた状態で取引終了。遅行スパンも好転状態を維持し続伸するようなら値幅と相談ながら売り解消も視野に。

コーン 23130円 +700 売り方針継続
戻りをみせ始まったあと、時間外取引の上げ幅拡大で、一段高となりました。均衡表の雲の下限から一気に上限線まで戻りを見せ、6月安値を起点としたアップトレンドへの回帰を見せたことで続伸するようなら売り解消が視野に。

詳細は「CXマーケットアイ」にて掲載中。 
marketeye.png  
semina.png  情報

Strategy情報満載!必読!


◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります 。