トレードナビゲーター

マーケットの魔術師たちに追いつき追い越せ
トレードナビゲーター TOP  >  2017年07月15日
インフォメーション
333.jpg


お問合せは06-6543-3100までご連絡下さいませ。
月別アーカイブ  [ 2017年07月 ] 

海外市況 ゴールド・プラチナ・オイル

おはようございます、海外市況ですが

kaigai0715.jpg 



NYゴールド
米商務省が発表した6月の小売売上高は季節調整後で前月比0.2%減となり、市場予想(ロイター通信調べ)の0.1%増よりも悪い数字に。また、6月の消費者物価指数(CPI)は季節調整後で前月から横ばい。変動の大きいエネルギーと食料品を除いたコア指数は0.1%上昇したが、いずれも予想を下回った。これらのさえない経済指標を受けて、ユーロに対してドル安が進行。ドル建てで取引されるゴールドに割安感が生じたことから買われた。
また、これらの低調な経済統計を受けて、米連邦準備制度理事会(FRB)が追加利上げに動きにくくなるのではないかとの観測が浮上したことも支援材料となった。


NYプラチナ
ドル安を背景にしたゴールドに支援され上昇。ニューヨークダウが堅調に推移し、史上最高値を更新したことも支援材料。続伸できるかがポイントに!!


NY原油
米経済指標が低調な内容だったことを受けて、世界最大の石油消費国である米国の石油需要が低迷するのではないかとの観測が浮上し、朝方の石油相場は一時マイナス圏に沈んだ。しかし、これらのさえない統計を受けてドル売り・ユーロ買いが進行し、割安感から買い戻された。また、英・オランダ系石油メジャーのロイヤル・ダッチ・シェルのナイジェリア子会社が不可抗力条項を発動し、ボニーライト原油の輸出用パイプラインの一部を閉鎖したとの報も相場を押し上げる要因になった模様。




 ◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。