FC2ブログ

トレードナビゲーター

マーケットの魔術師たちに追いつき追い越せ
トレードナビゲーター TOP  >  2018年10月15日
インフォメーション

テクニカル分析WEBセミナー 短期売買編
0715.jpg   

お問い合わせは 0120-433-667 安村まで 

月別アーカイブ  [ 2018年10月 ] 

取引終了 金・白金・原油

10月15日 取引を終えて


181015.jpg



東京金 中立
海外安と円高を受けて小安く始まったあと、円高が圧迫要因となりましたが、時間外取引の堅調推移や円高一服を受け下値は限定的。プラス圏を回復するも、上値も限定的でレンジ相場に終始した。現時点では4400円オーバーが抵抗帯になっているように思えますが、明確に突破するようなら侮れない情勢に!!
yg1015.jpg





東京白金 売り方針 8月限2941円スタート
海外安と円高を受けて売り優勢で始まったあと、円高が圧迫要因となりましたが、時間外取引の堅調推移や円高一服を受け下値は限定的で、一時はプラス圏を回復していましたが、息続かず小幅安で終了。高値・安値100円強幅のレンジ形成中で、ブレイク待ちの状態。上放れなら売り解消へ。
ypt1015.jpg




東京原油 売り方針 3月限56030円スタート
サウジ人ジャーナリストの失踪を巡って米国とサウジアラビアの対立が明らかとなったことで、週明けの海外原油は急伸し、東京市場も週末の夜間の高値を更新して始まりました。ただ円高から上値は抑えられマイナスサイドに後退し、引けにかけて一段安で取引を終えました。国内チャート面では8月からの上昇値幅に対してほぼ半値押し達成となり、下げ一服感が台頭するのか否かが問われる場面。欧米市場では波乱の展開が想定されますが・・さて!?
ycr1015.jpg




更に詳しい情報はこちらへ
      ↓
売買方法に特化した情報サイト CXマーケットEye



◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。