FC2ブログ

トレードナビゲーター

マーケットの魔術師たちに追いつき追い越せ
インフォメーション

テクニカル分析WEBセミナー募集中!
20190914.jpg

お問い合わせは 0120-433-667 安村まで 

海外市況

おはようございます。海外市況ですが


kaigai0305.png 


NY金
は反落。米週間新規失業保険申請件数の減少や、米非農業部門労働生産性指数改定値が前期比6.9%上昇と、事前予想の6.3%上昇を上回ったこでドルが上伸し反落となった。国内市場は円安が支援となり夜間セッションでの上伸を維持する模様。


NY白金は小幅続伸。米経済指標の改善でドル高が加速し、金・原油が下落したことが圧迫し手1570ドル割れを演じる場面もあったが、ドル高一服で、買い戻しが入りプラスに浮上。国内市場は夜間セッションより一段高が想定されます。


NY原油は反落。週末発表される米雇用統計に対する不透明感もあり利益確定売りが台頭、80ドル割れを演じる場面もあった。


シカゴ大豆は大幅安。成約高が弱気な数字となり、米国大豆の需要低下と南米産へのシフトの動きが表面化したことでファンド筋の失望売りを浴びた。海外チャート面は先月半ばからのレンジ相場下限に達し底割れするか否かの分岐点。国内市場は円安支援はあるものの続落模様。


シカゴコーンは反落。小麦と大豆が急落する中、コーンも追随安の動きを強いられていたが、週間輸出成約高がまずまずの水準だったことや、作付けに対する懸念で押し目買いが入るなど下げ幅は限定的。



  image.png  

3月東京 

3月福岡 

  3月大阪   

   沖縄3月    情報


Strategy情報満載!必読!


◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。

 



コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL