トレードナビゲーター

マーケットの魔術師たちに追いつき追い越せ
トレードナビゲーター TOP  >  海外市況 >  海外市況 ゴールド・プラチナ・オイル
インフォメーション
333.jpg


お問合せは06-6543-3100までご連絡下さいませ。

海外市況 ゴールド・プラチナ・オイル

おはようございます、海外市況ですが

kaigai1209.jpg 


NYゴールド

ECBはこの日の定例理事会で、マイナス金利の維持を含めて政策金利を据え置く一方、現行の量的緩和策については資産購入規模の縮小と9カ月間の延長を決定。これをきっかけに、ユーロは対ドルで急落。ドル建てに割高感が広がったことから下落した。


NYプラチナ

ECBの債券買い入れ期間延長によるドル急伸で値を消しましたが、株価・原油の上昇で反発。海外チャート面では12月6日高値953㌦をシッカリ突破できるかがポントに・・!?


NY原油

協調減産合意を目指す主要産油国会合を10日に控えて買い戻しが優勢となり、3日ぶりに反発。10日にウィーンで開催される主要産油国の会合では、石油輸出国機構(OPEC)加盟国が非加盟国に対し、日量60万バレル前後の減産に応じるよう協力を求めるとみられている。非加盟国のうち、ロシアが既に30万バレルの減産計画を明らかにしており、残りの30万バレルの割り当てが焦点となりそう。実現すれば、先月末にOPEC加盟国が合意した120万バレルと併せ、全体で180万バレルの協調減産へ。さてスンナリ決まるのか?


当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。




コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL