トレードナビゲーター

マーケットの魔術師たちに追いつき追い越せ
トレードナビゲーター TOP  >  工業品銘柄 >  取引終了 金・白金・原油
インフォメーション

170922.jpg
お問合せは06-6543-3100までご連絡下さいませ。

取引終了 金・白金・原油

12月9日 取引を終えて

price1209.jpg 

東京金 中立

ドル高が圧迫要因に。欧州中央銀行理事会で資産購入プログラムの延長が決定されました。月額600億ユーロ、2017年末までとされた。市場では6カ月の延長が見込まれていたが、9カ月となったことでユーロの売り圧力が強まった。14日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で利上げが確実視されており、好調な米経済指標が出ると、ドル高が金の圧迫要因になる公算があります。チャート面は
引き続きレンジ内の動きでコメントにも変化はありませんが、動き出したら飛び乗れるように準備はしておきたい。 
yg1209.jpg


東京白金 買い方針

ドル建て相場の下落を受けて売り優勢で始まったあと、下げ幅を拡大させましたが、円安が下支えに。
前日の値幅を拡大できずにインサイドデイ(はらみ足)。引き続き目先は3467円を上抜けるのか、3393円を下回るのかに注目。 
ypt1209.jpg


東京原油 買い方針

海外原油高を背景に序盤から上昇が目立った。午後に入り、円がジリ安となったこと、夜間取引高から上げ幅を拡大させた。14
時前に日中レンジを上放れると引けにかけて一段高となり前日の下げを取り戻す結果に。上値38280円と下値ポイントの35820円が目先の注意ポイントと考え、“抜けた方に走る“との考えての対応が必要と思います

ycr1209.jpg



◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。




コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL