トレードナビゲーター

マーケットの魔術師たちに追いつき追い越せ
トレードナビゲーター TOP  >  海外市況 >  海外市況 ゴールド・プラチナ・オイル
インフォメーション

1115.png

1125.jpg

お問合せは06-6543-3100までご連絡下さいませ。

海外市況 ゴールド・プラチナ・オイル

おはようございます、海外市況ですが

kaigai0608.jpg 


NYゴールド
今日は3営業日続伸の後を受けた利益確定の売りが出やすかったことや、ドルの対ユーロ相場が上昇したことも圧迫材料だった。欧州中央銀行(ECB)が8日の定例理事会で、インフレ見通しを引き下げる用意があるとの報がドル買い・ユーロ売りにつながった。
ただ、コミー前米連邦捜査局(FBI)長官に対する議会公聴会などを翌日に控えて警戒感が広がっていることから、買い支えも入り、高値水準付近で推移。ロシア政府による米大統領選介入疑惑をめぐり、また、8日は英総選挙や欧州中央銀行(ECB)定例理事会も予定されており、一連の重要イベントを控えて投資家の様子見姿勢ムードも強まった。


NYプラチナ
金の下落が圧迫して時間外取引の安値や前日安値を下回った。その後やや回復しましたが、ドル反発や原油急落、米株価指数先物の下値追いが圧迫し下げ幅拡大させた。


NY原油
米エネルギー情報局(EIA)がこの日午前に発表した2日までの週間石油統計によると、原油在庫は330万バレル増加。市場は350万バレルの減少(ロイター通信調べ)を見込んでいたほか、前日夕方の米石油協会(API)週報でもこれを上回る取り崩しが示されていたことから、発表直後に失望売りが殺到。前日の下げ渋り感を一蹴する下げとなり、5月25日高値を起点とした下落継続中。



◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。




コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL