トレードナビゲーター

マーケットの魔術師たちに追いつき追い越せ
トレードナビゲーター TOP  >  工業品銘柄 >  海外市況 ゴールド・プラチナ・オイル
インフォメーション

お問合せは06-6543-3100までご連絡下さいませ。

海外市況 ゴールド・プラチナ・オイル

おはようございます、海外市況ですが

kaigai170810.jpg 


NYゴールド
トランプ米大統領が、核・ミサイル開発を進める北朝鮮に対し、米国を脅すなら「火力と怒り」に直面すると警告。これに対し北朝鮮は、米領グアム島周辺へのミサイル攻撃を検討していると表明。地政学的リスクの高まりに警戒感が強まったことから「質への逃避先」であるゴールドが買われたうえ、世界的に株価が全面安となったことで、投資家のリスク回避姿勢が広がり、比較的安全な資産とされるゴールドを買う動きが強まったため、一時は今月高値を上抜き、6月以来約2カ月ぶりの高値を付ける反発となった。続伸できるかポイントに!!


NYプラチナ
時間外取引の高値や前日高値を突破し、テクニカル要因の買いが入り4月以来の高値を付けた。その後は株安などに上値を抑えられて上げ一服となり、安値974.2ドルを付けましたが、テクニカル面の強気観から押し目買いが入りプラスサイドで終了。


NY原油
米エネルギー情報局(EIA)の週間在庫統計で、原油在庫が予想を大幅に上回る減少となる一方、ガソリン在庫が予想に反して増加となるなど、強弱まちまちの内容となったことで、もみ合いとなっていた。ただ、同統計で製油所稼働率が2005年8月以来12年ぶりの高水準を記録したことから、米国内のエネルギー需要の強さが示されたとの見方が広がり反発。短期的な保合いに入っておりレンジブレイクに注目です!!



◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。





コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL