FC2ブログ

トレードナビゲーター

マーケットの魔術師たちに追いつき追い越せ
トレードナビゲーター TOP  >  海外市況 >   海外市況 ゴールド・プラチナ・オイル
インフォメーション

              8月の無料WEBセミナー
2008.png

メールにて商品先物取引情報を配信中
111.png  

お問い合わせは 0120-433-667 安村まで 

 海外市況 ゴールド・プラチナ・オイル

おはようございます、海外市況ですが


kaigai180405.jpg 



NYゴールド
米政権が知的財産権侵害に対する制裁として、中国製品約1300品目に高関税を課す案を公表。これに対抗して中国が106品目に追加関税を課す方針を示したことで、米中の貿易戦争激化への懸念が強まり、投資家のリスク回避姿勢が強まる展開。安全資産としてのゴールドが買われる格好で、一時1350ドル台を回復。しかしその後は、本日発表された米経済指標が良好となったほか、ロス米商務長官が、米中の貿易摩擦が深刻化する現状を受け「結果的に何らかの交渉という形で収束したとしても驚くべきことではない」と語り、両国間で協議を行う可能性が高いとの見通しを示したと報じられ、大幅安で始まった米株価がプラス圏に切り返したため、金相場は上げ幅を削る展開。




NYプラチナ
中国が米国の制裁関税に対する報復措置を発表し貿易戦争に対する懸念が高まった。パラジウムの売り圧力が強まり、プラチナの圧迫要因になった模様。ただ交渉の余地が残っていることから、株価が大幅反発したことで、ゴールドが反落したことも下げ要因となった。



NY原油
米中の貿易戦争激化への懸念が強まったことを受け、世界経済の鈍化懸念が浮上したため、一時1バレル=62ドル台前半まで水準を下げた。しかし、米エネルギー情報局(EIA)週報で、原油在庫が前週比460万バレル減となり、市場予想に反して取り崩しとなったため、買い戻される展開。




◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。




コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL