FC2ブログ

トレードナビゲーター

マーケットの魔術師たちに追いつき追い越せ
トレードナビゲーター TOP  >  海外市況 >  海外市況 ゴールド・プラチナ・オイル
インフォメーション

12月のWebセミナーは2話同時公開
1222.jpg

お問い合わせは 0120-433-667 安村まで 

海外市況 ゴールド・プラチナ・オイル

おはようございます、海外市況ですが


kaigai181203.jpg 



NYゴールド
週末の米中首脳会談などを控えて模様眺めの動きだった。ただユーロ圏消費者物価指数(CPI)の鈍化や、英国の欧州連合(EU)離脱案に対する懸念、好調なシカゴ地区購買部協会景気指数を受けてドル高に振れたことが圧迫要因となった。




NYプラチナ
米国による輸入自動車に対する関税引き上げが懸念されているため、自動車生産の後退懸念から一気に800ドルを割り込む急落となった。




NY原油
対ユーロでドル高が進行。ドル建てで取引される原油などの商品に割高感が生じたため、売りがはいり、一時節目の50ドルを割り込んだ。ただ、同水準では安値拾いの買いが見受けられたほか、米中貿易協議への期待感も買いを誘う格好で下げ幅を縮小、一時51ドル台前半まで切り返した。来週開かれる石油輸出国機構(OPEC)総会をめぐっては、ロシアがOPECと協調減産に動く必要があるとの認識を次第に強めているとの報道が流れる一方で、OPEC加盟国とロシアなどの非加盟国は現行の原油価格水準に満足しているとの報道もロシア・エネルギー省筋の話として流れており情報が錯綜している。




更に詳しい情報はこちらへ
      ↓
売買方法に特化した情報サイト CXマーケットEye



◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。




コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL