FC2ブログ

トレードナビゲーター

マーケットの魔術師たちに追いつき追い越せ
トレードナビゲーター TOP  >  工業品銘柄 >  取引終了 金・白金・原油
インフォメーション

              8月の無料WEBセミナー
2008.png

メールにて商品先物取引情報を配信中
111.png  

お問い合わせは 0120-433-667 安村まで 

取引終了 金・白金・原油

3月9日 取引を終えて

200309.jpg


東京金 売り方針 5680円スタート
円高を受けて小幅安で始まったあと、101円台までの円高進行で下げ幅を拡大。昼以降は時間外取引が朝方よりも40ドル以上下落した動きにシンクロし下げ幅拡大させた。数か月ぶりに52日平均線をも割り込み大きな転換点にきていおり、均衡表の雲や今月安値が次の下値ポイントと考えられますが・・・さて!?
yg0309.jpg




東京白金 売り方針 3501円スタート
海外高を受けて3000円を上回る値位置で日中土地引きがスタートしたあと、円高進行を受けて10:30を回ってマイナスサイドに転じましたが、円高が一服し下げ一服となった。昼を回って時間外取引が朝方の安値を割り込み下げに拍車がかかったことで一段安となった。引き続き値ごろ感は排除し、安値更新中はコツンと音が鳴るサインにはなりえないと考えて流れに従うのみ。
ypt0309.jpg




東京原油 売り方針 37630円スタート
石油輸出国機構(OPEC)プラスの会合で、サウジアラビアとロシアの主張が折り合わず、追加減産が見送りとなったことや、サウジアラビアが顧客に大幅値下げを通告し、原油安をいとわないシェア争奪戦が始まった。新型コロナウイルスの世界的な蔓延で景気見通しが悪化するなか、産油大国であり石油の消費大国である米国の見通しが一段と不透明になっていることも圧迫要因。週末のNY市場よりも7ドル近く下落し時間外取引が始まりましたが、更に7ドル以上下落し41ドル台だったNY市場終値から27ドル台までの暴落したことで10000万円を超える大暴落を演じたが、底打ちムードはまだない。あるとすれば売られ過ぎ感からの戻りですが、あくまで売られ過ぎ感からの戻りであって底打ちではないと考えたい。
ycr0309.jpg




今日のお昼の放送です



更に詳しい情報はこちらへ
      売買方法に特化した情報サイト CXマーケットEye

 
当社お客様専用情報サイトを無料開放
0318.jpg


毎日メールにて無料で商品先物取引情報を配信中
3.jpg
 


◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。




コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL