トレードナビゲーター

マーケットの魔術師たちに追いつき追い越せ
トレードナビゲーター TOP  >  工業品銘柄
インフォメーション
お問い合わせは 0120-433-667 安村まで 

取引終了 金・白金・原油

6月13日 取引を終えて・・といっても20時を回っているのですが・・・!


今日は、東京での新たな投資家との出会いがあり訪問してまいりました。
先ほど帰阪し記事を書いております。


基本的な方針について変わりなし。

本日お会いした投資家の方は、最近、商品先物取引を始めたのだが、取引業者と馬が合わなかったらしく他を探していたところ、現在、進行中の”cxマーケットEya無料体験”に申し込まれ、気に入ってくれたことがきっかけで、我々とお付き合いすることとなりました。

Jさん今後ともよろしくお願いいたします。


さて、投資家の考え方は10人10色ですが、
相場で儲けるためには何が必要か?
勝組は何を考え?何を見ているのか?
等々話せばきりがありませんが、正しいアプローチをし、
正解なら伸ばし、間違いなら走行転換する。
当たり前のことができないから、損が膨らむ・・・!?

さてさて・・!?

新しい企画が思いつきました!?
ご縁のある方にはご披露したいと思います!




更に詳しい情報はこちらへ
      ↓
売買方法に特化した情報サイト CXマーケットEye



◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。




取引終了 金・白金・原油

6月12日 取引を終えて


180612.jpg



東京金 買い方針 4565円スタート
海外高と円安を受けて買い優勢で始まったあと、円安と時間外取引の下落を受けもみ合った。その後もレンジ続きで取引終了。4600円の壁突破なるかに注目です。もし突破できなければ・・・!?
yg0612.jpg






東京白金 中立
日中取引は終始狭いレンジの中での取引に終始した。日足ベースでも引き続きレンジ取引が継続しておりキッカケ待ちの状態。
ypt0612.jpg





東京原油 売り方針 48540円スタート
注目の米朝首脳会談が行われており、北朝鮮の非核化を期待した円売りで円安気味の推移となったことで買い優勢で推移。ここ2週間ほどのレンジ形成となっており、レンジブレイク待ちの情勢。
ycr0612.jpg





更に詳しい情報はこちらへ
      ↓
売買方法に特化した情報サイト CXマーケットEye



◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。





取引終了 金・白金・原油


6月11日 取引を終えて



今日はほぼ始発で島根県の日本一の日本庭園のある地域に訪問してきました。

投資歴は長く、昨年は大きく収益を出したが、ここ数か月少々劣勢になっている投資家Mさんとの新たな出会いに感謝。

Mさん今後ともに相場と格闘し頑張っていきましょう。


夜間取引も始まり、時間も時間なので方針のみですが




東京金 買い方針 4565円スタート



東京白金 中立




東京原油 売り方針 48540円スタート




更に詳しい情報はこちらへ
      ↓
売買方法に特化した情報サイト CXマーケットEye



◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。







取引終了 金・白金・原油

6月8日 取引を終えて


180608.jpg



東京金 買い方針 4565円スタート
円高を受けて売り優勢で始まったあと、円高一服で下支えとなりましたが、時間外取引がさえない動きだったことで戻りを売られた。昼以降も時間外取引がジワリジワリ下落し14:00を回って下げ加速し、一段安となり取引終了。
yg0608.jpg






東京白金 中立
海外安と円高を受けて売り優勢で始まったあと、円高一服が下支えとなりましたが、時間外取引の上値の重さを受けて戻りは売られた。その後も、時間外取引の一段安や円高を受けて下げ幅拡大となった。3200円を中心に数十円レンジに変化なく冴えない動きが続きそうです。
ypt0608.jpg





東京原油 売り方針 48540円スタート
ベネズエラの供給不安から海外市場が大きく上昇したことで大幅高でスタートし、夜間取引の高値を更新しましたが、時間取引の上昇にブレーキがかかったことで頭打ちに!!その後、次第に軟化し14時前に時間外取引が大きく値を消したことで更に上げ幅縮小となった。本日の上昇で5月31日高値を上回ったが走らずのパターンとなり、戻ったところは直近下落に対して半値戻り手前で終値ベースでは38.2%戻りとなっており、明日、反落するようなら戻りの急所の可能性も!!さて・?
yg0608.jpg




更に詳しい情報はこちらへ
      ↓
売買方法に特化した情報サイト CXマーケットEye



◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。





取引終了 金・白金・原油

6月7日 取引を終えて


180607.jpg




東京金 買い方針 4565円スタート
円安を受けて買い優勢で始まったのち、ドル時間外取引の軟調や円安一服を受けてマイナスサイド転落。昼以降は浮上力なく、狭いレンジ内の取引に始した。均衡表の基準線タッチで戻りの急所となるのか?さて・・!?
yg0607.jpg






東京白金 中立
海外高と円安を受けて買い優勢で始まったあと、円安一服に上値を抑えられ上げ幅縮小へ。昼以降は為替も小康状態でもみ合い続きで取引終了。日足ベースではレンジ相場継続の様相。
ypt0607.jpg






東京原油 売り方針 48540円スタート
日中取引は小安く始まり、時間外取引の軟化と円高進行から高値から400円ほど下落した。その後は時間を追って回復し、下げ幅のほぼ半値戻して取引終了。引き続き上値49670円・下値47350円がキープライスと考えての対応!
ycr0607.jpg






更に詳しい情報はこちらへ
      ↓
売買方法に特化した情報サイト CXマーケットEye



◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。