トレードナビゲーター

マーケットの魔術師たちに追いつき追い越せ
トレードナビゲーター TOP  >  工業品銘柄
インフォメーション

170922.jpg
お問合せは06-6543-3100までご連絡下さいませ。

取引終了 金・白金・原油

9月13日 取引を終えて

price0913.jpg



東京金 中立
円安と時間外取引の下げ一服を受けて買い優勢で始まったあと、円安一服に上値を抑えられた。その後はもみ合いに終始し取引終了。前日安値を下回れば売り方針が視野に!!4707円を突破するようなら最後買い方針が視野に入りますが・・・さて!?
yg0913.jpg



東京白金 売り方針 3512円スタート(8月限)
円安を受けて買い優勢で始まったあと時間外取引の上値の重さを受けて引けにかけて徐々に上げ幅を削る展開。反発したものの上値の重さ有り、戻りは限定的と思えますが・・・果たして!?
ypt0913.jpg



東京原油 売り方針撤収 中立へ
海外市場が上昇したことや円安を受けて買い優勢でスタート。北朝鮮リスクの後退や、世界的な石油需給の改善見通しが背景。ニューヨーク市場の引け後に発表された、米石油協会(API)米週間石油在庫統計で、市場予想以上に増加したが材料視さされず。上値のポイント価格35880円を上抜けたので売り解消中立へ。本日高値を上回るようなら買い方針が視野に入りますが・・・さて!!
ycr0913.jpg



◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。





取引終了 金・白金・原油

9月12日 取引を終えて

170912.jpg


東京金 中立
円安を受けて買い優勢で始まったあと、時間外取引の軟調地合いに上値を抑えられ、11時を回ってマイナスサイドに転じ、昨日安値4642円を割りむ場面も見られた。本日安値を割り込むようなら売り方針が視野に!!
yg0912.jpg




東京白金 売り方針 3512円スタート(8月限)
海外安を受けて売り優勢で始まったあと、時間外取引の下落から下げ幅を拡大させる展開に!6月の年初来安値からの上昇値幅に対して38.2%ダウンの3461円ドンピシャまで下落。続落するのか?反発するのか?大注目です!!
ypt0912.jpg



東京原油 売り方針 34320円スタート(1月限)
海外市場が反発したことや円安で買い優勢で始まったものの上げ幅は限定的。国連安全保障理事会は北朝鮮に対する制裁を採択したことで北朝鮮の反発が想定され、円高進行で上値を抑えている。今月に入り35880-34710円で推移しておりこのレンジ抜けが次の方向性になるのでは・・!?
ycr0912.jpg



◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。


 



取引終了 金・白金・原油

9月11日 取引を終え

price170911.jpg 




東京金 買い方針撤収中立へ 
ドル建て相場の下落を受けて売り優勢で始まったあと、円安などを受けて下げ幅縮小の足取りへ。午後に入ると、円安が一服し、狭いレンジのもみ合い続きで取引終了となった。
下値注意価格4654円を割り込んだことで買い解消中立へ
yg0911.jpg 





東京白金 売り方針 3512円スタート(8月限)
海外安やドル建て相場の下落を受けて売り優勢で始まったあと、円安など受けて下げ幅を縮小。午後に入ると、円安が一服し、もみ合いとなった。
ypt0911.jpg 






東京原油 売り方針 34320円スタート(1月限)
海外安を受けて売り優勢で始まりましたが、円高が一巡し、時間外取引で戻していることで下げ幅縮小の足取りで推移。
ycr0911.jpg





◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。






取引終了 金・白金・原油

9月8日 取引を終えて

price170908.jpg


東京金 買い方針 4486円スタート(6月限)
海外高を受けて買い優勢で始まったあと、円高一服などを受けてしっかりな足取りへ。時間外取引の上昇を受けて上値追いとなった。14時を回って117円台の円高進行で状況は一変、朝方の安値4681円まで一気に下落。引け前には日中安値を更新して終了。目先は上値4707円・下値4654円がキープライス!!
yg0908.jpg




東京白金 売り方針 3512円スタート(8月限)
海外高を受けて買い優勢で始まったあとも上げ幅を拡大させましたが、時間外取引の上げ一服で上値を抑えられた。その後は、円高とドル建て相場の堅調を受けもみ合へ。14時を回って117円台の円高進行で状況は一変、朝方の安値3536円を割り込み取引終了。目先は上値3576円・下値3500円がキープライス!!
ypt0908.jpg





東京原油 売り方針 34320円スタート(1月限)
昨夜の夜間セッションで上値重要価格の35890円にあと10円まで接近したものの、上回れず高値から軟化。日中取引は前日終値界隈で推移してましたが、14時を回って得117円台の円高進行から日中安値を割り込んだ。続落し34710円を割り込むようなら戻り一杯の様相だが・・・さて!?
ycr0908.jpg



◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。







取引終了 金・白金・原油

9月7日 取引を終えて

price170907.jpg



東京金 買い方針 4486円スタート(6月限)
海外安と円安を受け、まちまちで始まったあと、狭いレンジのもみ合い続きでしたが、時間外が上伸してきたことで14:30を回って日中高値更新した。「上影小陽線」と強含みながらも上値の重さを感じさせる線と言われてますが・・さて!!
yg0907.jpg



東京白金 売り方針 3512円スタート(8月限)
海外安と円安を受け、まちまちで始まったあと、狭いレンジで推移していましたが、円高を受けて徐々に軟調となった。上ヒゲが長い十字線でいわゆる「下十字」。急騰後や高値圏で現れれば反落の指標となることが多いといわれますが・・果たして!!
ypt0907.jpg



東京原油 売り方針 34320円スタート(1月限)
海外市場が続伸したことや円安・ドル高で買い優勢で始まった。ハリケーン「ハービー」によって米国の原油消費量は一時的に落ち込んだものの、製油所の一部は復旧しており、原油消費量は正常化に向かっている。国内チャート面では8月高値35890円を明確に突破するか否かがポイントとで、上回るようなら売り解消が視野に!!
ycr0907.jpg


◇当ブログは、投資判断の参考として執筆者独自の視点から分析した結果を提供したものであり、今後の商品市況や株式市況や為替市況の動向や売買に関する断定的判断の提供を目的としたものではありません。また当ブログに記載している情報によって生じたいかなる損害についても当社および本情報提供者一切の責任を負いません。当ブログに掲載された情報や意見について内容の正確性、完全性を保証するものではなく、さらに、予告なしに内容を変更する場合がありますのでご了承下さい。お取引に関しては、「ご自身の判断」で行って頂けますようよろしくお願いいたします。 ◇商品先物取引は、総取引金額に比較して少額の取引証拠金をもって取引するため、価格の変動によって預託した証拠金以上の多額の損失となる危険性もあります。